住宅診断/建物診断/中古住宅のアシュア住宅診断|診断事例(戸建て中古住宅診断-02)

アシュア住宅診断

住宅診断ホームインスペクション)のアシュア住宅診断

埼玉県・東京都を中心に関東全域で新築内覧会同行、中古住宅の購入をトータルサポート/一級建築士事務所

  • 住宅診断
  • 耐震診断
相談したい!と思ったら今すぐ!無理な売込一切無し!相談無料!

診断事例

診断事例(戸建て中古住宅診断-02)

概要

東京都 築30年 中古住宅住

今回のポイント!

  • 住んでない期間が3年あり、全体の劣化具合が心配
  • 雨染みの形跡がある
  • 築年数が30年ということで、メンテナンスが必要

診断詳細

↓クリックで診断書のダウンロードが可能です。

<お問い合わせ内容>

購入を検討しているが、その前に住宅診断(ホームインスペクション)を行い、その結果如何で最終決断を下したいとお問合せいただきました。
既に内覧を終えたB様が、購入前に住宅診断(ホームインスペクション)を活用しようと思った主な理由です。
①住んでない期間が3年あったので老朽化が心配。
②雨染みの形跡がある。
③築年数が古いのでメンテナンスが必要かどうかを知りたい。

<物件情報>

所在地 東京都板橋区
住居タイプ 一戸建て
築年数 30年

今回の診断ポイント

<問題のあった箇所>

・雨樋 ・洗面室床 ・破風、軒天 ・その他

<問題点>

部材の破損や劣化により、補修が必要。

<危険性>

放置することで、内部の構造部分まで害を及ぼす危険性あり。

診断結果を受けて

今回の診断で、構造的な問題は見つかりませんでした。
B様が一番気にされていた雨染みの跡についてですが、確かに軒天井に雨染みが確認されました。原因は雨樋が曲がっており正常に雨を受けることができず、こぼれた雨水が軒天井部分にあたったことによるシミでした。結果雨漏れが原因ではないことが判明し、お客様も安心されておりました。
3年間誰も住んでいなかったということもあり、やはり劣化は通常よりも進む場合があります。住宅は、誰も住まず長期間放置しておくと手入れもできず、劣化が早まることもあります。ただしお客様が心配するほどでもなく、その点でも安心して頂けました。
トイレと洗面室の床で沈みが確認されました。床下の構造まで影響は及ぼしておらず、シロアリの形跡もありませんでしたが、湿気により下地が腐食していたようです。水廻りは湿気が多く、シロアリを呼び寄せたり、腐食させたりすることが多いため、床下の通気・換気に気を付け、乾いた状態を保つようにすることが大切です。
その他軽微な不具合がございました。(報告書サンプルをご参照ください)

まとめ

今回の診断を終えて、B様は物件の購入を決められたようです。
築30年ということを考慮すると、それなりにメンテナンスが必要な時期に来ております。
・どのようなメンテナンスが必要か
・雨漏れや構造に影響を及ぼす不具合がないかどうか
・大規模な修繕が必要なのかどうか
住宅のマイナスなポイントであっても、お客様のためにありのままお伝えします。
購入後も安心して暮らせるように、皆様も住宅診断の活用をぜひ検討してみてください。

対応エリア

住宅診断(ホームインスペクション)ならアシュア住宅診断へ

中古住宅買うなら、リフォームするならまずは住宅診断(ホームインスペクション)から。東京から埼玉、神奈川や千葉、群馬や栃木、茨城や山梨などの関東の住宅診断ならおまかせくだささい。

東京、埼玉、神奈川、千葉、群馬、栃木、茨城、山梨の住宅診断ならアシュア住宅診断へお任せください!!

  • アシュア住宅診断が選ばれる理由
  • 診断の流れ
  • 料金
  • 診断事例
  • お客様の声
  • お問合せ

最新情報・お知らせ

準備中
2019/09/14new秋分の日 3連休も休まず営業
準備中
2019/09/08new敬老の日 3連休も休まず営業
準備中
2019/09/06new事務所移転のお知らせ
2019/04/26ゴールデンウィーク中の営業について
2019/03/24追加でJCB、Diners Club、Discover各種カードにも対応可能になりました。

お知らせ一覧