住宅診断/建物診断/中古住宅のアシュア住宅診断|【診断士コラム】建築業界の現状

アシュア住宅診断

住宅診断ホームインスペクション)のアシュア住宅診断

埼玉県・東京都を中心に関東全域で新築内覧会同行、中古住宅の購入をトータルサポート/一級建築士事務所

  • 住宅診断
  • 耐震診断
相談したい!と思ったら今すぐ!無理な売込一切無し!相談無料!

診断士ブログ

【診断士コラム】建築業界の現状2015/09/12

本日は住宅診断から離れて現在 日本の置かれている建築の現状をお話しします。

新築住宅は現在 飽和状態で中小の新築業者の方も新規獲得は中々難しいですが、ビルや箱物を扱う 「建設」業の人材は不足しています。

理由は震災復興 + オリンピック。

さらにこれまでの失策があるのですが、それは 国の予算が1997年から2010年にかけて、建設投資額は75兆円から42兆円にまで減少。

それに伴って、業界の就業者数も685万人から498万人に減少しました。

この流れのなかで、技能労働者の年間給与も大幅にカットされ、1997年に平均で約438万円あった年間給与額は、2009年には約357万円にまで落ち込んでいて、このような状態に見切りをつけた技能労働者の業界離れが発生。建設市場が活気づいた現在になって、技能労働者の数が足りないという皮肉な結果を生み出しています。

暗い話になってしまいましたが 裏を返せば 仕事はたくさんあり 必要とされているという事。

短絡的ですが 「不景気の時は公共事業をバンバンすれば 良い」 との考えもあるように 公共事業の建設業に人が集まり、お金が回れば景気も回復して行きます。

私も東日本大震災の際に東北にいましたが、宮城の作業員は景気が良くて、毎晩 仕事終わりのねぎらいを居酒屋でやっていたと聞きました。

建設業=技術職 手に職という意味では 今こそ 必要な人材として チャンスなのかもしれませんね。

日本を支える職人さん

日本を支える職人さん

 

対応エリア

住宅診断(ホームインスペクション)ならアシュア住宅診断へ

中古住宅買うなら、リフォームするならまずは住宅診断(ホームインスペクション)から。東京から埼玉、神奈川や千葉、群馬や栃木、茨城や山梨などの関東の住宅診断ならおまかせくだささい。

東京、埼玉、神奈川、千葉、群馬、栃木、茨城、山梨の住宅診断ならアシュア住宅診断へお任せください!!

  • アシュア住宅診断が選ばれる理由
  • 診断の流れ
  • 料金
  • 診断事例
  • お客様の声
  • お問合せ

最新情報・お知らせ

2019/04/26ゴールデンウィーク中の営業について
2019/03/24追加でJCB、Diners Club、Discover各種カードにも対応可能になりました。
クレジットカード
2018/12/18クレジットカード対応可能になりました。
2018/08/01夏季 営業について
準備中
2018/03/27既存住宅状況調査について

お知らせ一覧